横浜で妊活するフリーランサーのブログ

男性不妊と子宮内膜症を抱える夫婦の妊活記録

今月は体外受精始められると思ったのに出来なくて泣いた

3月末から矢内原ウィメンズクリニックに通ってます。

 

初めて医者の指導でタイミングをとったが案の定ダメで、まぁそれはそこまで期待してなかったからショックは大きくなかった(小さくもなかった)

 

んで、生理が来たら病院きてねって言われてたので行くことに。内心、これで体外始められるー!と浮かれてた。

 

んでもって、今月は卵子を育てて来月には顕微授精できるなーって。んでんで、もし全てがうまく行って5月から10ヶ月後に生まれるから3月生まれかしらーなんて考えてて、まぁ早とちりも早とちりなんだけど。

 

そんな感じで体外受精する気満々で行ったから、今日の話聞いてかなり沈んだ。

 

今周期は卵管造影したり低温期の検査しますーですって。

 

もちろん体外受精はなし。旦那の男性不妊も矢内原ウィメンズクリニックに転院するから、まずは2人の体を色々検査しますーと。

 

堪らず「体外受精はいつからできるんですか?」と聞く私。

 

すると「体外受精しようと思えばいつでも出来るけど、まずは検査して根本的な問題がないか調べましょう」と言われました。

 

それを聞いてテンションが下がる私。

まぁ、自分が色々早とちりしたせいなんだけど生理中ということも相まってテンション激下がり。

 

それを察する旦那。

 

卵管造影は矢内原ウィメンズクリニックの院長のお父さんがやってる矢内原医院で行うので予約しました。

 

矢内原医院の予約だけど矢内原ウィメンズクリニックで予約OK。

 

で、その検査すると検査結果をDVDに焼いてもらえるのでそれを持って、別日に矢内原ウィメンズクリニックにきてね、とのこと。

 

というわけで、今日は卵管造影の予約をして低温期の血液検査して終わり。

 

前回の高温期の血液検査の結果も全く問題なしだったから、低温期の血液検査見たらすべてわかるのかな。

 

と冷静な今は思うのだけど終わった直後はブルーもブルー。帰りのエレベーターを待ってる時に我慢してた涙がぶわぁっと溢れました。

 

確かに先生の言ってることは正しい。闇雲に体外受精をするのではなく色々検査して体の状態が分かった上で体外受精するのは当たり前だと思う。

 

頭でわかってても心が付いて行かなかった。ただそれだけのこと。(プフ)

 

生理中だしホルモンバランス崩れてるから仕方ないというのもあるけど。

 

周りがどんどん出産して行ったり子供が幼稚園だとか小学校だとか言われるとすごく辛い。祝いたいのに気持ちが追いつかない。そういう時ってあるよね。

 

なんで私だけ?って思っちゃう。旦那さんが男性不妊じゃなければって。。

 

そうやって誰かを責めてもなんの意味もないのにね。

 

そんな時わたしは、旦那とのLINEのやりとりを見ます。

f:id:Akira_0w0:20170408204552j:image

仲のいい友人からの出産報告に素直におめでとうって言えないことが辛くて弱音を吐いてしまった時、このアリクイのスタンプに励まされました。

 

大丈夫って。

 

そう言ってくれる旦那。

ふざけた事も言うけど(不妊の通院より趣味を優先させようとしたり)、この人の子供を産みたいんだったって思うんだよね。

 

だから今月は休憩だと思って気楽に頑張ることにします。